未分類

Wi-Fiが日本のIT業界をダメにした

前はモバイルwifiルーターといえばパソコンにつなぐという用途が大半だったので契約する方もほんのわずかに絞られていました。

けれども、最近のスマートフォンやタブレットPCの登場に伴い、知名度とともに需要も結構急増しています。

そして、価格も最初は結構したのが今ではお手頃な感じに安価になっていることも使用者が増えている理由の一部です。

わずかなビジネスマン向けの商品だったものが普通の人、例えば学生や主婦などにも普及してきているという感じでしょうか。

学生等はスマホを利用してアプリをすることが多いのでスマホの月間制限に半月経たずにかかってしまう方が結構いるのです。

7ギガ制限に引っかかるとゲームをしたりYouTubeを見たりすることは基本的には不可能なのでモバイルルーターを契約するというケースが多いそうです。

実は、僕もゲームのやりすぎで7ギガ制限に到達してしまったためwifiルーターを使い始めました。

検討した結果私はWiMAXを契約しました。

賢い主婦は月間通信料を節約するためにNTTなどの光回線をやめてモバイルルーターに1本化する方もいるそうです。

インターネット回線を一本化することで通信料もバカにできないぐらい安くなるので賢い節約方法といえるでしょう。

自分も契約しましたがワイマックスはとても使えます。

契約にもよりますが一ヶ月の通信制限がないので月間制限を気にせずにスマートフォンでネットを見ることが可能です。

テザリングは便利ですがとはいえ月間制限がネックですからね。

3日で3ギガという制限はありますがスマートフォンが1ヶ月で7ギガということを考えるとなんだかんだでワイマックスは契約しておいた方がお得だと言えます。
カナガン

仮に3日で3ギガの制限に達してもYouTubeの標準画質であれば普通に見られるので普段使いには基本的に問題ありません。

スマートフォンの通信制限などで困っている方は一回ワイマックスを使ってみてはどうでしょうか。